【趣味】「大人になる」の意味

 甲本ヒロトと真島昌利というミュージシャンが好きだ。

 若いころから流行りの音楽すら積極的に聴いてこなかった。でも、彼らの新曲が発表されるたびに眼の色を変えて食いついてしまう。合う音楽といえば、そうなんだろう。とっても好きだ。

 ファン視点なんで誇張も入っているだろうが、彼らの特徴は「大人になるのはいいことだ」とメッセージを発信している点だ。
 バンドも変わり、数多く楽曲を配信しているが、根本の部分は変わっていない。


・好きなことを自覚すること。

・好きなことのために責任をとれるようになること。

・それでも人の心は移り変わっていくことを受け入れること。


 それに伴う葛藤や喜びを歌っている。

 全てをさらけ出して「好きだ」と言うかわりに、あまり人・モノに依存していかないのが個人的にキュン☆ときちゃうところだ。弱さと依存を切り離すのはなかなかできることじゃない。

 詳しくはyoutubeでも検索して聴いてくれって話だ。「主観を排してブルーハーツを語るのは難しい」と批評した人がいるが、まさに俺もそのひとりだ。うまく伝えられているか自信が全くない。




【追記】
 あまり恋愛の曲を作らない彼らだが、「君のため」「歩く花」「呼んでくれ」「千年メダル」あたりはキュン☆と来るものがある。ここで「映画」を挙げる人はマニアックで、、、いかん楽曲の話なると止まらなくなる。

0 件のコメント :

コメントを投稿