【仕事】イオンの物流で

 楽しい楽しいイオン物流でやりがいのある仕事に就いて充実した人生を送ろう!


・どんどん人が死んでいく
 何かに呪われてるんじゃねえかってぐらい人が死ぬ。もう死ぬ。白血病、自殺、重たいもの運びすぎて背骨と腰がイク。よくて再起不能。命があるだけありがたいと思え。俺らの屍で○○くて安いトップバリューが皆さんの食卓に。命の値段は業界最安値!


・負担ばかりが増えて「新人が育たない」
 コスト削減の名目で、ベテラン目線のルール増やしちゃダメよ。そのベテランが面倒臭がって新人に教えないところから直そう。教える時間すらなくて、毎日のデッドラインすら守れてないじゃない。

 「てめえらいつになったら終わるんだコラァ!」って運送会社のおっちゃんに言われるの飽きたよ(レイプ目)。あと俺は現場と事務を兼任してたアルバイターだけど「いつになったら終わらせるの?早くお・わ・ら・せ・ろ☆」って事務所で言われても困る。事件は現場で起きてるんだ俺はアルバイトなんだ。

 俺にシフト決める権利と指揮権をくれ。人が足りなすぎる。どうでもいいけどアルバイトに事務やらせるのは法律上問題があるからな。「本人の了承を得ればいいんじゃない?」ってなぜ知らねえんだ。事務と現場と社員の新人教育するアルバイトって聞いたことねえぞ。


・社訓がブラック
 「どんどんアイデアだして仕事しまくります!それが僕達の生きがいです(ただし教育はない)!」を死んだ目で宣誓してから作業始めるのひもじいよ。新人がびっくりしてるじゃない。


・人間関係がやばい
 おっさんがやばい。「俺は昔はすごかったんだ」自慢しかしない。何がヤバイって、自慢してて仕事しない。ヤバイ。無下にするとデキない奴と呼ばれるから「へぇ~そうなんですか~すごいですね~」と相槌をうちながらおっさんの分の仕事をする。なぜ50男のアへ顔を眺めながら仕事せにゃならんのだ。

 おばちゃんもやばい。おばちゃんって言っちゃ失礼な30代が皆メンヘラ。「シフトのこともあるし、電話番号交換しよ☆」の口車に乗せられて番号を教えたらプライベートが終わる。
 仕事が終わったらどんな時間だろうと電話が鳴る。「わたし結婚できるのかなぁ……ねぇ、ちゃんと聞いてる?てめえ今だれと話してるんだ!?なあ!?オイ!」酔っ払いながら3時間ぐらいテレフォンオナニーが止まらない。応答しないと着信が1日で20回ぐらいたまり、仕事場で睡眠薬チラつかせながら「もう、薬漬けの毎日なんだ……。私どうなっちゃうんだろ……」と仕事場オナニーが止まらなくなる。いいから仕事しろ。


 まあこれはイオンだけじゃなくて、佐川とかにも言えますね。成果主義は上流と下流で機能しますよね、それぞれ別の意味で。上流は向上心で、下流は「働く先がない」って絶望と諦めで。



 ちょっと新しいブログ形式を試してみたかっただけなんだすまない。文字煽りって未経験だったもんで。

0 件のコメント :

コメントを投稿