【エロゲ】ヤンキーと恋愛しとった【辻堂さんの純愛ロード】

 エロゲってだいたいパターンがあって

1かわいい女の子出しときゃいいだろ「萌えゲー」と呼ばれるキモオタゲーム

2物語に特化した「泣きゲー」「燃えゲー」と呼ばれるシナリオオタクゲーム

3エロを追求した「抜きゲー」と呼ばれる勃起ゲーム

 だいたいこの3種類に大別されます。どれも気持ち悪いのは同じです。


 今回やったゲームはこのパターンの色が薄いラブコメものでした。蕎麦に添えるネギのようにパラパラっとラブコメ要素が入ってるのはたくさんあるんですが、がっつりラブコメやるゲームはなかなかないのです。

 テーマは公式によると「不良少女といちゃつくADV」。湘南の夏を舞台に、「湘南統一」を目指したヤンキー娘がたくさん出てきます。

湘南最大のチーム「江乃死魔」の皆さん

おとなりのお弁当屋のお姉さん
かつて湘南統一を志した「湘南BABY」の総災天さん

作中の時代設定は70年代なのか?いや70年代にもこんな子達いねーだろとゆー風な舞台設定です。


喧嘩狼こと辻堂さん
500戦無敗
1度に300人までなら倒せる

 「四方の敵を同時に倒せりゃ、世界中の60億人と同時にケンカしたって負けやしねえんだ」と言わんばかりのこの娘が、主人公のクラスメイトでありメインヒロインの辻堂愛さんです。お母さんが昔、湘南を統一した人なのでヤンキー界のサラブレットとも言えます。

気の抜けない日常

 作中には「相手が弱い場合、睨みつけると相手は失神する」というスキルを持った娘が出てきます。ドラゴンボールみたいですね、上の2人がそうです。デートしててもエンカウントしてバトルが始まります。

左:身長2mのティアラさん(本名)
右:身長2m超の我那覇さん(声超シブい)

 主人公の身長は男の平均的な170センチなのですが、登場する女の子には2mを超える娘もいます。ただ、体格が良いからといって通用するほど湘南は甘くありません。この2人はザコです。



たまにデレる

 大抵の敵は一呼吸で倒せるので猫と戯れる辻堂さん。喧嘩で荒れた心を癒すのは猫か男と相場は決まっています。


完全に牙の抜けた喧嘩狼さん
女に目覚めて500円の下着をやめる

 最終的には湘南統一とかどうでも良くなります。いちゃついてりゃ幸せ、それがラブコメ。


 女性モノのBLなんかは売上が安定してるらしいんだけど、男は変なこだわりがあったり飽きが早かったりするせいか、競争激しくエロゲはかなりバリエーション豊富になってます。面白いですよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿