【自分】俺が海外に行こうかなと考えている3の理由

 20をぴょーんと超えてるフリーターなんですが、数年後には海外で働こうかなとおもうとります。
 そんな無謀なことを考えてる理由を3つぴっくあっぷ。


1.日本の労働環境が好きじゃない
 上司に意見しちゃイカンとか、なんか「空気読め」みたいなところが嫌です。そうじゃない職場はあるんだろうけど、俺は出会わなかったってだけって話なんですが。上司と違う意見しないと俺がいる意味あんま無いと思うんですがね。そこらへんどうなんでしょ。
 
 あと仕事終わったのに上司がいるから帰れないとか。なんやねんそれ。

2.日本に居場所がなかった
 これは1と被っちゃうんだけど、俺は集団だと浮いちゃう人間なんで、日本にいるのはけっこう辛いです。飲み会のワイワイは楽しいんですが、みんなと同じTV見て、同じ遊びしてってのがよくわからんのです。全然違う意見持ってる人と仲良くなりたかったりします。
 「どこ行っても同じだろ」とか批判は大いに受けますが、生きてる限りは生きやすい所を目指していきたい所存っす。
 
 もう、海外に行くぐらいしか手がないんです。

3.海外の方が仕事のクオリティ進んでそうだから
 俺は基本的に知識欲が強くて、仕事が好きな人間です。仕事があればあるほど燃えるタイプです。

 海外のニュース見てると、あー向こうのほうが合理的で柔軟で実効性のあることしてるなーと感じまして。自分の欲を満たすためには海外で仕事したほうが良さそうな気がしてきました。


 ボヤッとしてますが、感じたこと、なんでご容赦を。
 就活的に自分の軸を申し上げると「人間の生産性を上げるような仕事に従事したい」ってところです。ホームレスになったとき「なにもできない」ってのはすげーストレスで、惨めなものでしたから。ありゃあ人間の尊厳に関わりますよ。みんなの困ってることを助けるってベクトルじゃなくて、できることを増やして楽しく生活してもらうというか、そんな感じです。

 最後までボヤッとしてましたね。まあまだ足掻いてる段階なんでこれからハッキリしていくんじゃないかなーと思います。

2 件のコメント :

  1. ガジェ通から飛んできましたよっ



    ざらっと見て面白かったからRSS登録させてもらいますぜ フヘヘ

    返信削除
  2. フヒヒ、どうもありがとうございますコポォ

    返信削除