【モノ】kindle買ったった


 KindlePaperWhite買ったった。やはり片手で持つには200グラム台が良いなと思いつつテンション上がって所感をしたためる。「はじめましょう」画面に何故か集中線が入っててワロタ。早くカフェ行ってドヤ顔したい。


 amazonらしからぬ黒くて薄めの箱でヤマトの兄ちゃんが持ってきてくれた。


 apple社の開封の儀ができそうなプチ高級な手触り。しかしよく見りゃダンボール。説明書は英語だったが、図解がでかいので老眼鏡おじいちゃんでもわかるはず。スマホ触ってる人なら感覚的に操作はわかるたぶん。


 スリープ画面カッコイイ。この画像でいくらか描画力はわかると思う。文字がはっきり映る。

 あと気づいたこととしては

・ネット機能もあるけど、タッチしてスクロールさせると画面がブレるので、あくまでオマケみたいな位置づけ。twitterを白黒で眺めるのはちょっと新鮮だった。

amazonのkindleストアいけばわかるけど、和書は基本的に紙の値段と大差ない。いろいろとしがらみがあるみたいね。洋書は80%オフとか普通にある。多少英語は読めるので、さっそく洋書を買ってみた。どっちも読める人は「安い」ってだけで洋書に流れるんじゃないかな。値段が違いすぎる。

・指紋が付きにくい。カバーつけて重たくしたんじゃ本末転倒だしな。電車でつり革つかまりながら読んでも大丈夫な重量とサイズ。

・クレカない人でもAmazonのショッピングカードを使えば現金で買えるみたい。PCで購入してもwifi経由で自動ダウンロードしてくれるのはありがたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿