【自分】年末自分大掃除(路上編)

【自分】年末自分大掃除(少年編)
【自分】年末自分大掃除(青春編)
【自分】年末自分大掃除(青年編)
【自分】年末自分大掃除(自殺編)

  とりあえずコレ、今年中に終わせてスッキリ新年を迎えたいんだけど、文章がインフレしまくって全部書ききれないかもしれん。今年あと10時間。12時間前は優雅に更新してワイン片手にガキの使い見る予定だったのに、寝る時間どこいった。


・全自動自殺症候群
 ホームレスになろうが自殺キメようが、生きていくのは問答無用なので生きる。つまり働く。お金借りてまた上京する。繰り返すが地元は嫌な事しか思い出さないトラウマの地だから、俺を知らない土地へ行く。

 神奈川県川崎市へ。

 バイトの面接で「こいつは十人並みの若者じゃない。落ち着きがハンパじゃない。”できる”空気を纏っている……!」らしかった。本人は死臭を漂わせてるつもりだったのだがうまいこと勘違いしてくれた。工場で働くことになる。

 働くことになったんだが、オレノカラダガオカシイ。

 思うように身体が動かない。すごい疲れるようになった。大した仕事もしてないのに毎日死にそうな顔して帰宅してる。寝れない。興奮して寝れない。興奮してるくせに、頭はボーッとしてる。睡眠時間が2時間になる。急いで働いているつもりなのに、周りからはゆっくり仕事しているように見えていたらしい。
 しばらくして、頭の中がある思考でいっぱいになる。

「自分の意思とは関係なく自殺してしまう」

 結局この思考はいまでも謎があるんだが、ひとつの理由付けとして統合失調症が挙げられる。統合失調症の診断チャートには「他人に自分の意思を操られている気がする」「思考を誰かに読まれている気がする」というものがある。ガチの人は医者に「公表されてないだけで、思考を操作する機械は発明されてるんでしょ?」と尋ねるらしい。微妙に違うが、それに近い。俺は思考や意思を自分でコントロールできなくなる寸前まで来ていた。脳の暴走を必死に抑えていた。

 限界が来ていた。ここらへんで駅から徒歩1分の場所に30分かけないと行けなくなったり、買い物の足し算ができなくなった。
 以下のリンクに経過が詳しい。

【自分】正しいこと?しかできなくなる病
【自分】足し算ができなくなった話

 (もうちょっとマジ今年中に終わらなそうだから端折るけど、これより前に餓死しようとして4日ぐらい飲まず食わずだったりしてた。そこをはしょるのかって感じだけど、もし聞きたかったらメールアドレス載せてるし今でも神奈川住んでるからいつ何時誰からの挑戦でも受けるで。あーあとここらへんになんちゃって餓死の経過は書いてある。twitterの書き起こしでものすごく読みづらいから飛んでもすぐ戻ってくるんやで。)

 運良く、ここで「少し休め」とストップがかかる。本当に運がいい。


・大人になる
 重大発表がある。

 過去のトラウマから「処女が良い」「メンヘラはクソ」「ビッチはドブ川でマンコ洗って出直すべき」とtwitterで女性蔑視発言を繰り返していた著者。誰よりも2次元処女を愛していた著者……。

 メンヘラが大嫌いだった著者は、この時点でメンヘラになっていたんだよ!!!!!!

 何もかも……何もかも遅すぎたんだ……。


 休暇中に、信頼おけるかも知れないという人に「いままで俺はこういう風に思ってたんだ!俺のことをわかってほしい!」とメンヘラっぽく言ってみた。なんつーか、もういっぱいいっぱいだった。

 「わかりません。あなたは病気です」と返される。んまあなんつーか


 絶望した。


 この広い世界でひとりぼっちな気がした。寂しさは質量をもって襲ってきた。2,3日動けず寝て過ごす。

 ここで脱皮の機会を得る。「どうやら俺は死にたくても往生際が悪くて死ねない」というのは学習していた。死ねない、苦しい、でも勝手に死にたくなる。どうするべきか。その先を考える余裕が休暇中の俺にはあった。失望の穴をせっせと掘ってたら底に到達して、じゃあこの壁登ってみるかーって感じ。抽象的な上にポジティブな意味ではない。


・救いもなく希望もなく消えていく人たち
 ちょっと時系列前後する。
 
 川崎の工場で働く人たちはどこかみんな事情を抱えている。ちょうど東日本大震災が起きた後ってこともあり、職場を失い流れて働いている人もいた。

 無理のある働き方をせざるを得なくて、怪我で消えていった人がたくさんいた。

 いつも笑っているおっちゃんが、ある日突然自宅で自殺した。

 家族を食わせるために寝る時間を削って働いていた兄ちゃんが、白血病にかかって消えた。

 人にはそれぞれ事情がある。

 だかこれはあんまりじゃないか? 


・路上

 世の中FUCKな事だらけだ。死にたい夜がある。俺もけっこー死にかけた。もし生まれた意味があるとするなら、世の中のクソでビッチな部分を減らすために命を使いたい。ビッチなんざFUCKしてやれば大人しくなるのさHAHAHA。ああそういえばこのブログの名前ですね。

 立ち上がる。生きている限り、生きるのは問答無用だ。まずこの状態を治すためにいろいろ知らなきゃならない。図書館でアホのように本を読むようになる。眠ってた脳が目覚めたのか新書とか5分で読めるようになる。弱者が現状を変えたかったら、本を読むのが良い。一流の人脈はないが、一流の本は手に入る。図書館行けば0円で。

 この「自分大掃除」は、ある程度”何をするか”について算段がついたので、今一度”何のためにするのか”を振り返るために書いた。即興だがひとまず文章として記録できて満足してる。あと7時間で新年だ。眠いけどもうちょっと起きてよう。きっと良い1年になる。



 世界は絶望的に広い。青空が黒くなることもある。

 俺は路上を歩いていく。いつもと変わらぬ歩幅で。

1 件のコメント :