【自分】強気外交で転職活動しとる

 企業に合わせる就職活動はすごい疲れる。


 自分を曲げないといけないような気がするから、すごい疲れるんだよね就活って。昔の新卒はOBに料亭連れてってもらって「ウチこない?」って決まったらしいけど、今は企業も就活生も「就職活動とはこうだ、面接とはこうだ」ってテンプレートがあるじゃん。それに沿って自分の意見とか働き方とか曲げるのがすげーめんどい。苦痛。

 一応最低限の企業情報は覚えておくけど、強気外交でいくことにした。

 「データ分析ができて、営業っつーよりコンサルっぽいことがしたいんすよねー。あ、ちなみに未経験っす(要約)」
 「体育会系のノリは嫌です。事実じゃなくて上司に合わせて仕事するとか非効率です。仕事のケツモチはするんで裁量権ください(要約)」

 っていう感じで面接してる。しかもこれが経験者枠で応募してるんだから救えない。中途採用は経験者枠ぐらいしかないから仕方ないんだけど。

 この手段は最善じゃないんだろうけどすごく楽。「この条件でないなら採用していただかなくて結構です」とか言えちゃう。バイト経験ぐらいしかないのに言えちゃう。なんつーかスッキリするね。対等って感じで。これが意外に面接通過してたりするから世の中広いなーと思う。あ、もちろん落ちたりもしてる。ただ、こちらの軸は曲げないので、自分に都合がいい企業がどんどん厳選されていくのを見るとちょっと気分がいい。


 俺は仕事を「プライベートの一部」と考えていて「自分の活動時間の大半を使うんだから自分に合わない組織なんてゴメンだ」って心の底から信じられるからこの手法を使えるんだよね。これが「少しでも安定していて”有利”な企業に行きたい」と考えていたら一生懸命企業研究して、ホームページの「求める人材」を参照しまくって面接では演技してたはず。


 まだ内定もらってないし、バシバシ落ちまくってるけど、落ち込まないし足取り軽いしなんとかなるんじゃねーかなと楽観しとる。結果はこのブログに書くから、強気外交するとどうなっちゃうのか興味のある方はまた見に来て頂ければ幸い。

0 件のコメント :

コメントを投稿