身近な税

・コンビニ税
 定価より2~3割高い。最近は自社ブランド製品を流通させてコストを抑えてはいるがやっぱり高い気がする。プリンが300円ぐらいする。

・ネット税
 時間泥棒。本来集中できるはずだった時間を、くっだらねーコンテンツで消費する。ニコ生にハマるとヤバイらしい。損した気にならないのがこの税の悪魔的なところ。

・田舎税
 車を持ってないと生活できない。人間関係に新鮮さがなく、人の噂話が潤滑油となるので一度失敗すると這い上がりにくい。都会の人とくらべて特に優しいとかはない。

・都会税
 電車に乗らないと生活できない。通勤時間は知らないおっさんと肉体接触しなければならない。人が多すぎてくつろげる空間が少ない。色んな物に手が届くので、余計な買い物をする。

・世代税
 お互いに自分の受けた教育が”絶対”と考えるから話が噛み合わない。おっさんは努力至上主義で若者は気持ち至上主義。意思疎通に2倍ぐらいの手続きを踏む。

・汚部屋税
 探しものが見つからず、時間と労力を消費する。片付けなかった借金の利息みたいなもので、手遅れになると利息を払い続ける生活が続く。

0 件のコメント :

コメントを投稿