自分についての諸問題2

前回

2.対人経験値が圧倒的に足りない。
 「そいつに働く能力があるのか」「どんな職種が向いてるのか」を診断してくれる有料の業者用採用判定Cubicってのがありまして、運良く無料で受けて結果を見せてもらったことがあります。

 需要はないと思いますが、以下要約

・客観性、判断力、創造性に飛んでいて、精神的に独立している。本質的に独善的になることはないが、客観性、判断力に長けているため冷たい言い方をしてしまう場合がある。

・自分を信頼しており、積極的に仕事を進め、トラブルにも冷静に対処できる。指導者向きであり、経営企画・研究管理・営業管理が最適である。反面、上からの強い言い方には反発する傾向がある。

・誰にでもわかってもらおうとするのではなく、価値観の合った人と深い付き合いをする。勝ち気だが、周りに配慮できる社会性を備えているため、対人関係で大きなトラブルになることはない。対外的に頼りになるが、他罰的な面もある。

・世界を美的観点で見る傾向が強く、持続力はあるのだが、興味が移るとせっかくの持続力を生かせない場合がある。

(「弱気」に対する数値が結構低かったのでそれを書こうとしたんだけど、調べてみたらどうやら「弱気じゃない」みたい。)

 実際には棒グラフや五角形グラフで数値が表示されたりします。極端に高い数値はないですが八方美人的に能力が高く「どこへ行っても重宝されるよ」と診断されました。こうやって自分で文字に起こすとそこそこ恥ずかしいです。

 ただひとつ、最終的に「じゃあこいつは仕事ができるのか?」を表示させてくれる数値が気になりました。
 「仕事ができる度」の自己評価と診断評価にかなりの差がありました。
 自己評価が低かったです。俺は、俺が思ってるよりもうちょっと職場で頑張れるみたいです。

 これは、俺が過去のトラウマもあって引きこもり傾向が強く「子供の頃いじめられてたし、対人関係はひっそりと、目立たないでおこう」と無意識的に動いてるからじゃねーかと思います。
 基本聞き役に徹しますし、かなり親密にならないと自己を主張しません。さきほど”無意識”と書きましたが、けっこう辛いです。もっと伝えたいことがあるのに強制的に自制してしまう状態です。

 経験を重ねていって、徐々に慣らしていくしかないと思います。引きこもっていたので経験値が足りないです。現在、twitterで知り合ったスーパーリア充さんに付き合ってもらい、少しずつ自然体になる練習をしております。

 正しいコミュ力をもったリア充さんは「色んなことに首突っ込みたくなっちゃうんですよ」と謙遜していましたが、俺にとっては”プライベートの時間を削って”色んな人に会いに行くその積極性は純粋にすげーと思います。見習いたいっす。

続き

0 件のコメント :

コメントを投稿