2014年第5週「弱い女がまかり通る」

 弱い女、という人種がいる。

 別に性別が女だからといって弱いわけじゃない。そんな事は誰も言ってない。弱い女とは、弱さを武器にする女のことだ。

「土井さ~ん!たすけて~!」

 仕事場に1人の事務員がやってきた。20代後半に見える女性だ。眉をハの字にさせ、甲高い声で助けを乞うている。

「この仕事頼まれたんやけど、わからへん~!」

「……これは1階の6番冷蔵庫で在庫を確認すればええで」

 さすが土井さん。現場リーダー。冷静な対応だ。俺は来た時点で「なんだこのアマ」ぐらいの熱視線を送っているというのに。

「だからそれがわからへんねん~!」

 わからないらしい。仕事に必要な工程は今さっきほぼ全て教えてしまったのだが。

「土井さ~ん!お願い~!」

 どうやら自分でやりたくないらしい。

「……冷蔵庫の場所は知ってる?」

「知ってる~!でもわからへん~!」

 知ってるけどわからないらしい。

「僕ちょっと確認してきますよ」

「お願い」

 なんだかちょっと我慢できなくなったので自分で処理することにした。頼まれた仕事があるけど自分の仕事じゃないから絶対にやりたくない系女子は放っておくに限る。こういう人は男にもいるが、女は弱さをおおっぴらに武器にできる分たちが悪い。

 ちなみに土井さんは女性だ。仕事で理不尽なことがあっても動揺せず指示をだせる人だ。その落ち着きっぷりたるや、抱かれても良いレベルのイケメンだ。

 弱さを武器にするのもいいけど、それがフェアじゃないってこと、周りにバレてると思うんだがな。

0 件のコメント :

コメントを投稿